HOME | よくある質問

よくあるご質問

まずは遺言書の有無、次に相続人が誰か、最後にどのような遺産があるか、を調べてみて下さい。
その後、お話を聞きながら、次に何をするのがよいかお話させて頂きます。もしわからなければ、まずはご相談下さい

 
 

相続税の申告期限は、法律上は「相続の開始を知った日から10カ月以内」となっております。
例外を除けば、実務上は死亡日から10カ月以内となります。期限日が土・日・祝日の場合、次の平日が申告期限日となります。

 
 

申告期限に間に合わないと、小規模宅地の特例や配偶者控除などの有利な特例が使えなくなります
また、本税の他に加算税・延滞税などの罰則的な税金を支払う事になります。

 
 

はい、勿論です。色々なご事情で申告期限がギリギリになってしまうのはよくある事です。期限後の申告になると様々なペナルティが生じますので、まずはお急ぎでお問合せ下さい
期限が過ぎてしまっている場合、一日ごとに延滞税が加算されている状態ですので、特にお急ぎでお問合せ下さい

 
 

当事務所ではご相談段階でお金をいただくことはありません。
相続申告業務等の実務が発生して始めて費用が発生しますが、必ず事前に見積りをお出し致しますし、無理に勧誘することもありません。

 
 

相続人様の状況によって様々なので一概には言えませんが、基本的に遺産総額の1%程度と言われております。
HP等で基本報酬が安く表示されていても、加算報酬等で同程度になることが多いと言われております。

 
 

大丈夫とは申し上げられません。
トラブルの元になりますので、それ以上の資金移動はやめておいてください。相続発生後の資金移動は他の相続人とのトラブルや、民事上の不法行為になる可能性もあります。節税にもなりませんし、かえって大変なことになりかねません。是非我々専門家のアドバイスを受けて下さい。

 
 

そうですよねですが、相続税を払いたくないというだけで財産を隠したり嘘をついたりしても、税務調査によって必ずバレます
その時は本来納めなければならない税金以上に納税することになりますし、金額が大きければ刑事罰もあり得ます。今後のためにも、正直に申告を致しましょう。

 
 

まずはご相談下さい。
お尋ねは税務署が送付していますが、このお尋ねがきたからといって必ず相続税申告が必要、というものでもありません。「相続税申告が必要なのではないですか」と確認しているものです。しかし、このお尋ねがくるということは税務署がある程度財産がある事を把握しているということであり、遺産金額が非課税枠の範囲だから大丈夫だと思っていても相続人が把握していない財産がある可能性があります放置はせず、まずは当事務所ご相談下さい。

 
 

ございます
当事務所は様々な専門家と連携しておりますので、贈与等の手段以外にも、保険や不動産の活用など、色々な角度での節税アプローチが可能です。まずは一度お話を聞かせて下さい。

 
 

勿論です。
やり方によっては贈与税の節税も可能ですので、遠慮なくご相談下さい。

 
 

殆どの方は相続対策が必要です。
それは相続税対策だけでなく、大切な資産をトラブルなく相続人様達に引き継ぐために必要です。財産の多少は関係ありませんので、是非一度相談下さい。

 
 

すぐにご相談下さい。
認知症と判断されてしまうと、相続含め様々な対策がほとんど出来なくなってしまいます。意思確認が可能であると判断出来れば、対策がとれるかもしれません。少しでも早くご相談下さい。

 
 

中垣健税理士事務所ご案内バナー
中垣健税理士事務所ご案内バナー

【対応地域】:岡崎・安城・豊田・刈谷・知立・幸田・西尾を中心とした愛知県全域に対応しております。

あいち未来相続手続センターのお問合せボタン
あいち未来相続手続センターの電話でお問合せ
あいち未来相続手続センターのお問合せボタン