HOME | 税務署対策をしたい方へ

税務署対策をしたい方へ

書面添付制度の利用率は100%!

相続税の申告が終わった後、税務署が相続税の申告内容が正しいか確認に来る事があります。これが税務調査です。
税務調査が入ると、申告漏れ等で指摘される割合は平成30年で85.7%となっております(出典:国税庁HP「平成30事務年度における相続税の調査等の状況」)。
税務調査で間違い等が指摘されると、追徴課税等のペナルティのような税金が課税されます。金額としては追徴課税の場合、実地調査1件当たりで568万円となっています。
税務調査に選ばれる可能性を少なくする唯一の制度が「書面添付制度」です。
「書面添付制度」とは、相続税の申告書を作成した税理士が専門家の立場からどのように申告書を作成したのか根拠を明らかにすることにより、「この申告書は正確な申告書です」と主張することができる、税理士に与えられた権利です。
この「書面添付制度」を利用した場合には、税務調査が行われる前段階で、税理士だけが税務署に呼び出されることとなります。
さらに、税理士が調査官の疑問に全て答えることができた場合には、税務調査は省略されます。
ただ、この内容に誤りがある場合、税理士が罰を受ける事になるので、この制度を避ける税理士も多く、書面添付制度の実施率は2割程といわれています。
当センターでは書面添付制度の利用率は100%、安心して相続税申告をして頂けます。

中垣健税理士事務所ご案内バナー
中垣健税理士事務所ご案内バナー

【対応地域】:岡崎・安城・豊田・刈谷・知立・幸田・西尾を中心とした愛知県全域に対応しております。

あいち未来相続手続センターのお問合せボタン
あいち未来相続手続センターの電話でお問合せ
あいち未来相続手続センターのお問合せボタン